英会話を短期でマスターできる大阪の初心者向け英会話スクール。格安レッスン料で話せる!

英語が話せるロゴ

その1、中学校、高校と英語を勉強したのになぜ

日本の英語教育は【読む】と【書く】に力を入れた教育です。そして何がメインかと言いますと、英文を日本語に直す作業がメインではないでしょうか・・・それは受験対策もあったと思うのですが、英語は言語ですから【聴く】、【話す】、【読む】、【書く】と言うことが重要です。

言語は目で学ぶものではなく、耳で学ぶものと言われます。

と言うのは赤ちゃんを例にあげれば良いでしょう。赤ちゃんはお母さんやお父さんが話すのを聞いて自然に身につけます。つまり生理的に学びます。ところが英語を勉強したときはどうでしょう・・・生理的に学ばず、頭脳的につまり文法的に学んだのです。日本人が英語を話せないのは間違った学習法なのかもしれません。

その2、評判の高価な英会話教材を購入したのになぜ

英会話の教材には数万円から10万円以上する高価なものもたくさんあります。 ただあまり英語がはなせるようになった話は、そう多くは聞きません。なぜなのでしょう・・・ もちろん素晴らしい英会話教材はたくさんあると思いますが、その理由第1位は・・・「買ったのは良かったが、途中でやめた・・・」なのです。なぜ途中でやめたのでしょう・・・・一つは飽きたということでしょう。それは英会話教材内容にも問題があるかもしれません。
内容その1
英会話教材の例題は、実際に海外でそんな英語使わないだろというようなものが多く、楽しめない内容が多い。
内容その2
英会話教材の多くは、正しい英語ですがあまり日常的に使わない文章を、ゆっくりと、明瞭な発音で読み上げてくれています。日常で出会う外国人はそのように話してくれるでしょうか・・・しかしネイティブが普通に話している発音では、映画のDVDを日本語音声無し、字幕無しで聞いているのと同じですから、聴き取りにくい発音となり、英会話教材としては売れないのでしょう。

その3、英会話教室に長い間、行き続ければ話せるようになるか?

英会話教室に行かれた方はご存知だと思いますが 用意してきた英語は上手に話すが、ネイティブの講師が話す英語には答えられない人が、多いのです・・・その場合どうなるのか・・・黙るしかないのです。そもそも英会話というぐらいですから会話です。会話とはなんでしょう・・・
そう「コミュニケーション」ですよね。実際の生の英語を聴き取れなければYESNOも答えられないのです。多くの英会話教室は生徒さんに話していただくことを重点に置いています。この理由は、ある大手英会話教室マネージャーに聞くと「初心者は話すことより、聴くことに重点を置いたほうがはるかに早く上達するのですが、ビジネスとしてみると生徒さんに話していただかないと生徒さんにとって価値があがらない」とのことです。たしかに英会話教室もビジネスですから、出来るだけ長く生徒さんが通ってくれないと、ビジネスとしては成り立ちません。
また講師の質はどうでしょう・・・実際に調べた話ですが、講師の中には日本に短期間しか滞在せず、アルバイト程度に英会話講師をし、お金を貯めて国に帰る人も少なくはありません。日本の物価から考えると自分の祖国では価値があるかもしれません。
その方が私たちにとことん英会話を教えてくれるでしょうか・・・
また色々講師が変わると、質の問題もピンからキリまでありますし、講師が変わってばっかりだと、 いくらカルテで管理しているとはいえ、話せるようにはなるのでしょうか・・・

その4、海外語学留学が英会話の王道であり、一気に上達するのか?

海外留学と簡単に言いますが、家事や仕事でなかなか勇気が出ないのも事実ですし 実際にかかる費用は、1ヶ月で食費等も含む全費用が約100万円するのも事実です。またよくあるケースが、海外に語学留学する人ばかりの場所ですから、同様に語学留学しにきている日本人とばかり集ってしまうこということが多いのです。その環境では日本と変わらないので ないでしょうか・・・また海外でアルバイトして英語でもということもありますが、英語の話せない人を雇うほど、親切な会社が少ないのも事実です。

その5、とにかく英会話も続ければなんとかなる?

英語を話すということはある意味、きりのない世界です。日本語でもまだ知らないこともあるでしょう。なんのためにどこまでやるのかは重要なことです。また値段が高いとよほど価値がない限り、チャレンジしようとは思いません。ましては英会話というのは日常必要なことではありません。また同じ目標・目的の仲間が居ないと続かないのも事実です。人はやはり目標・目的が明確で区切りがないとうまくいかないものですね。

90日で話せた英会話教室のお勧めする英語学習方法は

一度しか言いませんからよぉ〜く聞いてください。英会話
『期限を決めて短期間にたくさん、本物の英会話をたくさん聴く』まずはこれです。
人は聞き取れない音を発音することは不可能ですし、英語が聞き取れなければ話すことも出来ません。話すことを考える前に聴くことに集中しましょう。例をあげます。
『音楽好きですか?』
カラオケに行かれたことのある人は多いと思いますが、例えば宇多田ヒカルさんの歌をバッチリ歌おうと思った時に、あなたは何をしますか?
その1、歌詞をノートに書く
その2、歌詞を暗記する
その3、英語の意味を調べる
・・・こんなことしませんよね。
まずは曲を何回も聴きリズムやメロディーを覚えますよね。そしてなんとなくボディーランゲージや 歌詞も『音』として覚え、口ずさみますよね。まずは『音』から入るのです。 歌うが出力(アウトプット)とすると、入力(インプット)は『音』なのです。 わかりやすくと言いますと英語を聞かずに話すことは無理なのです。
え?それだけでは納得いかない・・・それはそうでしょうお待たせいたしました。90日で話せた英会話教室がどのようなものか説明します。
英会話教室紹介GOイメージ